thumbnail

りんかん倶楽部 ~第4話 真紀と素子~【エロアニメ】


りんかん倶楽部 ~第4話 真紀と素子~

舞台は、遙かな昔より贄(ニエ)として奉げられた女性を巫女とし輪●する忌まわしい習慣の残る林陰市。忌まわしい習慣を取り仕切る『輪●倶楽部』その長、田村素子。輪●倶楽部を恨み素子を憎む山崎鈴子。鈴子により輪●倶楽部の長の座を追い落とされ、巫女としてささげられる素子。凌●の限りをつくし、素子を辱める輪●倶楽部。

ネタバレ なかなかだと思います
今作で最終話ということで、今までずっとヒロイン達を辱めてほくそ笑んできた素子がついにグチャグチャに犯●れ、シリーズ中で一番興奮しました。ただこのシリーズは全体を通して、ジャンルとしてはすごく僕好みの作品なはずなんだけれど、作画があまり好みじゃないということもあってか、いまいち僕のストライクゾーンを突いてくれませんでした。なんというか、ヒロインの犯しかたが雑というか(犯しかたが雑って意味わかりませんが笑)、表現が雑なのかな。でも一番最後の全校生徒の目の前での素子の大量糞汁噴射脱糞シーンは最高でした。ただ、せっかくシチュは最高なのにう○この表現がちょっと残念でした。なんだかチョコレートみたいで。笑 そこをもうちょっとこだわってくれたらなお良かったです。
関連記事 りんかん倶楽部 第一話 山崎鈴子と桂木愛子