thumbnail

りんかん倶楽部 第三話 詩織と真紀【エロアニメ】

りんかん倶楽部 第三話 詩織と真紀

りんかん倶楽部 第三話 詩織と真紀

山間の町・林隠市に千年以上伝わる闇の儀式があった。怒れる神を鎮めるため、巫女とされた女性を集を持って輪淫し結果、巫女が孕めば神は怒りを鎮め平和と豊穣が約束され、孕まなかった巫女は男性の精を満たした藁で簀巻きにされ生きたまま川へ流され神の生贄とされた。そして現在―――儀式は歴史の闇に消えることなく林隠市唯一の学園の中で生き続け、秘密結社『りんかん倶楽部』としてその淫惨なる伝統が受け継がれていた。

ネタバレ 母娘三人目の輪●陵●
ちょっと引っ張り過ぎ感もあるが、真紀が最後に登場。三人の母娘丼を期待感が高まります。
長女の詩織の輪●陵●は若干単調だが、最後のフィアンセの前での脱糞と喰糞による床掃除は最高でした。【18禁アニメ】
関連記事 りんかん倶楽部 ~第4話 真紀と素子~
関連記事 Qualiaffordance (クオリアフォーダンス)~七瀬 春菜~【学園】
関連記事 アマまま【3DCG動画】【母】